同棲

【同棲必読】仕事も同棲恋愛も両立させすぎる「期待値調整」について

 

ひでひものひでです、今晩わ。
来月で、付き合い&同棲を初めて早1年になります。

 

新しく恋愛して恋の駆け引き的なものをするのもしんどいですし、
彼女や彼女家族と関係性作ったり、
もろもろもめも事をして二人の特徴を理解したりと
そんなことをするのも面倒なので、本当に現彼女と結婚するつもりです。

 

ぶっちゃけな話、気持ち悪いかもしれませんが、
本当に彼女のことが好きで、人としても大尊敬しているので、少なくとももう一回生まれ変わるまでは一緒にいたいと思っています。

 

 

それほど好きすぎて本当に毎秒一緒にいたいですが、
ただそうもしてられない。

将来の子供や自分のために
仕事しないと、稼がないと、楽しんで

 

となると、
やはり仕事やそれ以外のスキルアップの時間に集中して時間を割いていきたいですよね。

 

彼女彼氏との時間を増やしたい
でも、仕事もバリバリしたい

仕事バリバリしたい
でも、彼女彼氏との時間も欲しい

 

これら両立できないものなのかな?
と、仕事への意識が高い周りの人間の声「20代は仕事に集中したい」などなど
を聞いていると
そう思ったりもしたのですが、

僕の意見としては、これは、「言い訳」です

 

そういう人(仕事と恋愛両立できない)の意見としてありがちなのが、

「帰宅時間に合せていたらストレスがたまった」
「最近寂しさがガマンできずに、別れを考えるようになってしまいました。」

的なことです

 

こうなってしまってると、この発言者側がいわゆるメンヘラってやつで、めんどくさい扱いされてしまうことが多いですが、(確かにめんどくさいのはめんどくさい)
ただ、この原因はむしろ、そう思わせてしまっている パートナー側にあるかなと思います。

 

今回は、お互いが二人の時間を大切にして、かつ仕事にも120%集中するために絶対知っておくべきことについて書きます

 

 

この記事を読むことで

・彼氏彼女がメンヘラと化してしまう原因
・自分もしくはパートナーがメンヘラ化することを防ぐ方法
・恋愛も仕事の時間それぞれを120%充実させる方法

がわかります

 

それではいきましょう!

 

【前提】パートナーがいる方がパフォーマンス上がる

自己肯定感が上がる

 

クラスの派閥争い、受験戦争、合コン戦争、仕事の役職取り合い(暗黙知)と、、、

僕たちは、自分たちが何をしてようが、よく思う人間もいればよく思わない人間ももちろんいます。自分にとって正しいことは、万人にとって正しいことではないのですよね。涙
なので、自分のポジションを守るために他人のポジションを否定したり、否定されたりする毎日だと思います。

 

これが、繊細で優しい人であればあるほど、敏感に感じ取れてしまいます。
段々と、「自分は正しいのかな?」って疑問に思って行動や決断が鈍くなることって多々あると思います。

 

まさに僕がそれです。周りの意見や評価が頭にチラついてしまい、自分のポジションを疑ってしまうことが多々あります。

 

こういう否定される経験は、どこでどんなことをしてようがあると思いますし
毎日毎日表向きではなくても感じ取ってしまうものだと思います。

 

 

 

こういう社会に生きていると、こうして自分を肯定することが難しくなることは多々あります。
ネット社会になって、人と人との関係が物理的に離れていたとしても、ほとんど毎日SNSで誹謗中傷の書き込み見ます。

木村花さんの悲劇から、私たちが本当に学ばなければいけないこと

 

でも、こうした中でも僕たちは自分の正しいと思う道が正しいのかどうかもわからないまま「自分は正しいんだ」と言い聞かせて進まないと、一歩も前には進めませし、解にも辿り着けません
そういった社会において、無条件で自分の考えや思いを肯定してくれる彼女彼氏の存在は本当に掛け替えのないものではないでしょうか?

 

毎日一緒にいて、笑顔で話しかけてくれて、愚痴でも何を言っても 話を聞いてくれて飲み込んでくれるそれだけで、「自分は間違ってないんだ」、「まず自分を信じて前に進んでみよう」と思えるのではないでしょうか?

 

仮に、こういった存在がいなければ自分を肯定することが難しくなることも少ないでしょう。
行き着く先は、無理やり自分を肯定しようとして、それ以外を否定してしまう「頑固ヤロウ」になってしまう、もしくは周りに迎合するだけの可もなく不可もなく存在感もない、「いい子ちゃん」となってしまうんでしょうね

 

 

家事分担ができる。

 

仕事で22時に家に帰ってから自分のために栄養分を考えた料理を作ろうと思えますか?
自分の作ったお弁当と他人が自分のために作ってくれたお弁当とでしたらどっちがおいしいでしょうか?

 

味はどうであれ、これをやってくれるだけで心身ともに豊かになりますよね

 

また、人間は誰かに何かを”してあげる”時に、脳内にドーパミンが出るらしいです。

 

つまり、洗濯物を自分のためではなく二人のために畳んだり、ご飯を作ってあげたりすることで、その”してあげる”方の精神状態も健全に保たれるということです。

 

やってもらって、やってあげる。

 

この構造によって、心身に健全で
かつ二人の時間が浮く。
その時間に余裕のある心で仕事をしたり、勉強したり、二人の時間を過ごしたりできる。

素晴らしすぎますよね。

 

 

ストレスを発散できる。

 

休日もバリバリ働けたらいいですが、それほど人間できたものではないと思います。
たまには仕事からリフレッシュすることで、体力精神が回復することができる、ないしは仕事から離れることでそれまで出なかった画期的なアイデアを思い浮かぶかもしれません。
図書館の伝記を読んでいると、大体過去の偉人は、仕事から離れた時に画期的なアイデアに恵まれてます。ニュートンとか本田宗一郎とか。

何が言いたいかというと、人間定期的に休息が必要です
その時に、 予定を合わせてどこへでも行けるような人間がいつもいるのといないのとでは精神の健全状態において雲泥の差でしょう。

 

 

 

仕事彼氏彼女を両立できない理由

 

「仕事が忙しすぎる、予定が合わない」
確かに、仕事に忙殺されたい的な人いるかなと思いますが、そもそもそういう人とは付き合うまでに発展しないですよね。
仮にも夜の関係だけならあると思うんですけれども、そこからちゃんと付き合うということになることはないかな、と思います。

 

仕事が忙しすぎる、や、予定が合わない。は相手に対して興味がないもしくは優先順位が下がってしまった時の言い訳であり、
もし本当に真面目に相手のことを思った付き合いをしていて「忙しすぎる」と言ってくる人がいたら、それは仕事の生産性が極端に悪いかブラックすぎる会社にお勤めの人のどちらかだと思います。

 

どちらにせよ、彼女彼氏関係なく、仕事に問題がありそうなので自分のキャパ範囲の仕事に変えた方が成長するかなと思います。
幼児が、ずっと広辞苑読むよりマンガ読んで知識掴んでから本や辞書に移る方がレベルアップにつながるように。

 

「寂しい」「心配...」
よく人から聞いたりsns上で見たりします。

【同棲】彼女はストレス爆発!!同棲カップルの8割が破局する理由

こういうのが、いわゆるメンヘラだメンヘラだとかって、悪いようにも言われたりしますが、
僕の意見としては、これはどちらかというとメンヘラにさせてしまっている側が悪いかなと思います。いや、メンヘラという言葉を聞く時にはメンヘラされている側が優越感に浸っているような物の言い方をするような気さえします。

寂しいや心配という感情が起こっているのは何が要因なのでしょうか?

これに関してはコミュニケーションの部分だと思っております。

それも、量ではなくてです。

 

「寂しい」や「心配」というのは誰しもが経験したことはあるかと思いますが、それはいきなり突発的に来るものではなくて、じわじわと来るものになります

例えば、

・夜ご飯を作ってくれている彼女が彼氏の帰りを待つ時に、段々段々寂しくなったり心配になる

・彼氏が旅行に行ってる時に返信が遅いと、何かあるんじゃないかな、と心配する

男女問わず誰でも経験したことはあると思います。

 

これら感情はなぜ起こっているのか?

 

それは「帰ってくる」、と思っているからです。

 

この例でいうと、

・彼女さんが彼氏さんがもう少しで帰ってくると思ってしまっている
・彼女さんが彼氏さんは返信を1時ぐらいしたらするものだと思っている

から、
寂しかったり、変な心配をしてしまうのです。

言い換えるならば、 *期待”してしまっているのです。

 

「帰ってくる」と期待しているがために、帰ってこなかったり遅かったりした時に寂しく、時に怒りに変わるものです。

 

 

 

 

【結論】期待値調整が必要

 

ここまでで読んで頂いてる方は、彼氏彼女という関係において、何が要因で、それぞれの神経を削ってしまっているのか、
また、二人の関係どころか、それ以外の仕事やプライベートにまで悪い影響を及ぼしてしまうのかが見えてきたと思います。

 

再度確認しておくと、お互いを疲弊してしまう大きな要因となるのは相手への過剰な期待です。放っておくと、無条件に、相手は何も言ってないのに相手に期待してしまったり、相手が苦しさや退屈さから救ってくるものだと期待を膨らませてしまいます。
僕はこの、期待値とそれに伴う感情には法則があると思っていて

 

満足度(感情) =期待値ー現実(リアルに起こっていること)

 

だと僕は思います。

 

例を挙げると、

今日夜、家に彼女(もしくは彼氏が)帰ってくると思ってサプライズでご飯を作っていたところ、相手に予定が入り、突然帰って来れなくなった。

 

この場合、

サプライズに手を混んでいればいるほど、家にいる側のショックは大きいでしょう。

まあ、簡単に言うと裏切られたような感覚ですよね。

 

このように、相手の自分に対する満足度(感情)を下げないためには、
期待値を無駄に上げすぎないように相手の期待値をコントロールすることが必要だと、
僕は激しく主張したいです。

 

無意識のうちに相手が過度に期待していないか、自分が実際にできること以上のことを相手に期待させていないか、これをちゃんと考えてあげる事が、人として本当の思いやりだと思います。

 

 

「期待値」ー「結果」=マイナスにならないために

 

ここまでで読み進めて頂いたお方は、概念のところまでをなんとなくご理解して頂けたかなと思います。

なので、次によりイメージを持ってもらうために、僕が実践して良かったと思う、期待値コントロールをする方法について3つ紹介します。

 

カレンダーを共有する

相手の予定を大まかに把握していると、 自分で相手に対する期待値をコントロールすることが可能になりますよね
二人の時間を大切にするためにも、これはめちゃくちゃおすすめです。

 

言ったことは守る

「今日は〜時に帰る」
や、逆に「今日はずっと仕事をしてる」
と伝えたならばそうしましょう、という単純な話です。

相手が想定しないことが起こった場合、
それが相手にとって都合が良いこと、
言い換えると、「期待値より現実(リアル)が上回る」パターンであれば、
相手をすごく喜ばせることができます。
逆に、それが「期待値より現実(リアル)が下回る」パターンであれば、それは相手に負の感情を抱かせる事になります。

そうならないためには、彼氏彼女夫婦の関係性においても、 当たり前のように言ったことは守りましょう。ということです。

 

相手との時間は相手との時間

あなたの優先順位は、なんですか?

仕事ですか?家族ですか?

 

 

これにキッパリ答えられる人はいないんじゃないかなと思います
答えはケースバイケースだからです。

 

仕事しないと家族養えないし、家族いないとそんなに仕事する必要ないし。

 

その中でも、仕事なら同僚や顧客、家族なら奥さんや彼女を大事にするために、
するべきなのは、今その人と過ごしてるのであればその時間はその人をプライオリティ1番に
おきましょう。ということです。

もちろん、緊急でどうしてもの対応とかあると思います。ただ、その緊急のケースを除いては、目の前の人を大事にするのが、仕事も家族も大事にするのなら必要だと思います。

「そういう風に自由で融通の効く働き方ができるように頑張る!」は、間違いです。
僕が言いたいのは、 メリハリをつけて目の前の相手を尊重しましょう。ということです。

デート中終始、携帯をチラチラ見る
運動会に社用携帯持っていく
仕事中にLINEをチラチラと確認する

これは目の前にいる人の時間に対する尊重がかけているかなと思います、しかも非生産的ですし。

 

 

最後に

相手の満足度(感情)が急激に落ちてしまった時
酷くショックを受けてしまった時にする典型的な例が浮気だと思います
浮体、ではなく、浮気です。

ちなみに僕はこの経験があります。
非常に自分のことを好いてくれていたのに連絡も素っ気なく自分都合でコミュニケーションとってたら、当時の彼女に浮気されました。

当時は、その気持ちがよく分からなかったですが今はなんとなくわかる気がします。
人は、上がってしまった期待値に対して、実際にそれと相反することが起きてしまうとショックを受けてしまいます。そして、心の隙間を埋めてくれる人を誰でもいいから探すものだと思います。
それが、浮気の大きな一つの原因かなと思っています。

もしくは、こうした相手への期待値コントロールできないと、
自分のメンタルの健全性を守るために、相手に期待しなくなります。
それが恋愛や愛情がなくなってしまう瞬間だと思います。

 

例えば、

今日の予定が

「大変な仕事」、「面倒な役所手続き」、をしなくてはならないが夜には、「彼氏彼女とご飯」

という予定を立てている時に、

マイナス、マイナス、プラス

と自分は感情的に捉えているとします。

その日を過ごしていると、このプラスのために頑張れるのと同時に、このプラスに対する期待値が高まります。

 

それが、突然、この彼氏彼女とご飯、この予定が崩れるとどうでしょう。

 

その日のマイナスが一気にメンタルに押し寄せてきて絶望感や虚無感に苛まれます。

こうした経験が続くと、その「彼氏彼女とのご飯」はプラスではなくて
どうなるか分からないので、極力取り扱わないようになります。

そして、人々皆が持っている「無意識」の中の毎日の構想から、その「彼氏彼女とのご飯」は消えてしまいます.

 

 

このように、そもそも、期待しなければこうした問題にはならないのですが、
期待しなければ、相手に対してなんというか新鮮な感情を持ち続けることは無理だと思います。

 

いつまでも恋人として、一緒にいる人ととして仲良くしたければ
この 期待値自体を持つこと自体はかなり大事なんじゃないかな、 同時に期待値コントロールは不可欠だよねと思い、今日は文章にしました。

 

 

こうした僕の経験や文書が誰かの心の支え、カップルや夫婦の明るい将来につながれば幸いです。

 

-同棲

Copyright© ※※ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.