その他

【会社員用】給与から税金はどれくらい?計算方法とお金を残す方法

今回は税金の話!

 

さて、

今回の話題はお金ですが、

お金を増やす方法は大きく二つ

・入ってくるお金を増やすか
・出ていくお金を減らすか

めちゃめちゃ単純ですよね

 

入っててくるお金を増やすには、効率を上げるか
時間を投下して、お金を増やす方法が多くのケースかなと思います

ただ、出ていくお金を減る分に関しては
多くのケースが、自分の時間を投下したリターンではなく、知識で減らすことができます。

その最たる例が税金です

なので、今回はまず自分たちが払っている税金と
その出ていくお金・税金を減らす方法について解説して行きます

 

そもそも税金ってどれくらいかかってるの?税金を減らす?
彼女

 

 

■学校では教えてくれない税金・保障について

 

・会社はあなたにどれくらいの額を払っていて、あなたが「実際」に受け取れる額はどれくらいか?

 

まず、ここは周知だと思いますが、
会社が、あなたに支払う給与額(収入)とあなたが受け取れる給与額(手取り)
こちら額が異なります。

 

その上で、収入から控除額と言うのを引いていって、課税所得という額を出して
その課税所得の額に応じて、引かれる税金の額が変わってきます。

 

はい、少しややこしい
彼女

 

一旦、

 

収入ー控除額=「課税所得」で
「課税所得」×課税率ー控除額=課税額

 

と、まず今はざっくりと認識しておいて下さい。

 

話が入ってきやすいようにまず例から話していきたいと思います。

仮に、

あなたが独身かつ健康で、
年収、言い換えれば、会社があなたに対して支払う額が300万円の場合
244万円が実際に受け取れる手取り額になります。

 

ざっくりとした、計算式はこう

300万円(収入)ー29万円(所得税額)ー27万円(社会保険料)=244万円

 

なので、あなたが稼いだ300万円のうち、300万ー244万=56万円が税金として消えていきます。

 

毎月にすると、4~5万円かぁ涙
彼女

 

・あなたの手取りを導く計算式は?

 

先ほど、ざっくりと

300万円(収入)ー29万円(所得税額)ー27万円(社会保険料)=244万円

 

とお伝えしましたが、こちらをもう少し詳しく見ていきます。

 

まずはシンプルに公式からお伝えすると、

 

①収入ー(給与所得控除)=所得
②所得ー(所得控除)=課税所得
③課税所得×所得税率ー控除=課税額
※別途、社会保険料がかかる

 

これで出た課税額、というのが上記で言う29万円(所得税額)
社会保障料というのが、上記の27万円(社会保険料)になります。

 

それでは、一つずつ見ていきましょう

 

①収入ー(給与所得控除)=所得

国税庁 No.1410 給与所得控除 

 

300万円の場合、【収入金額×30%+18万円】が給与所得控除になりますので
給与所得控除=108万円になります。

なので、
収入300万円ー給与所得控除108万円=所得192万円
になります。

 

②所得ー(所得控除)=課税所得

所得控除とは、例えば
社会保険料や生命保険、扶養控除、医療費控除などの
災害による被害であったり、家庭環境によって負荷がかかってしまっている人たちへも
税負担を可能な限り公平にするためのものです。

これはそれぞれの状況によってかなり異なるため、今回は冒頭に述べたように「独身・健康」な人でシミュレーションしたいと思います

なので、
所得192万円ー所得控除0円=課税所得192万円

 

③課税所得×所得税率ー控除=課税額

で、最後に、
所得税率と控除
なんですが、この所得税率と控除はセットで考えるのがいいです。
そして、その所得税率に関しては課税額によって異なります
以下の国税庁のサイトを確認してみて下さい。

No.2260 所得税の税率

 

こちらを見ると、課税される所得税額、
つまり上記で算出した課税所得である192万円のケースの場合、
【課税所得×5%ー0円】で課税額が出ます

課税所得192万円×所得税率5%ー控除0円=課税額??

と思いきや、まだ課税されるものがあります。
それが、住民税です。

住民税は、課税所得に対して10%で、
こちらも含めて考える必要があります。

それでは再び式に当てはめますと、

課税所得192万円×所得税率15%ー控除0円=課税額約29万円になります。

ふぅ、、
ここまではご理解頂けましたか、、?

いけたぁぁ
彼女

 

※別途、社会保険料

え、まだ税金、、
かかるんですね。
彼女

最後が、社会保険料

社会保険料の算出は、比較的簡単で課税所得に対して一律14.4%になります。

なので、式に当てはめると

課税所得192万円×14.4%=社会保険料約29万円になります。

なので、最後に改めて
収入300万円の人の手取り額と言うのは、

300万円(収入)ー約29万円(所得税額)ー約27万円(社会保険料)=約244万円

 

約244万円になります。

 

以上で、大枠の計算方法はおしまいです
お疲れ様です!

 

 

■お金を残す方法

 

以上で、税金こんなにかかってるんだ。。って言うのはなんとなくつかんでいただけたのかなと思います

で、ただどうしたらいいん?

「税金高〜い」と嘆いても何も変わらないですよね
もちろん、こういった構造を理解することだけでもかなり重要ですが。。

なので、次にはですね、
自己責任で、稼いだ収入をしっかりと手元に残すやり方について紹介していきます。

 

・まず可処分所得と課税所得の違いわかりますか?

課税所得は先ほどやりましたね!

収入から控除額を引いたものです。
で、この課税所得から、所得税、住民税、社会保障料が決まります。

一方で、可処分所得というのは、
収入から、所得税、住民税、社会保障料を差し引いた額になります。
ほとんどの方はその可処分所得で、ご飯を食べて、お出かけしたり、家賃を払っています。

 

めっちゃ簡単に式にすると、

・収入ー控除
=課税所得
・収入ー(課税所得×諸々の税率)
=可処分所得
----
・可処分所得ー生活出費
=残りのお金

 

難しく考えないでください。
漢字がややこしくしてるだけで、内容は小学生の算数です。

 

・キーは課税所得〜課税所得から生活出費を引きましょう〜

 

多くの方は、
生活出費を可処分所得から引いてると思います。

諸々税金を差し引いて残ったお金から、家賃や通信費やその他の生活出費を支払っているかと思います。

ざっくり結論から言うと、
この生活出費の一部を可処分所得から使うのではなくて、「控除」から使うということです。

先ほど計算式で考えると

 

・収入ー控除←こちらから生活費を引く場合①
=課税所得
・収入ー(課税所得×諸々の税率)
=可処分所得
----
・可処分所得ー生活出費←こちらから生活費を引く場合②
=残りのお金

①と②だと、どちらの方が
残りのお金は大きいでしょうか?

 

明らかに、①ですよね
①から差し引くことで、課税額が低くなり支払う税税が少なくて済みますよね

 

・個人事業主になること|生活支出を事業経費として

え?いや待てってまってどういうこと
どうやって、生活出費を控除へ持ってくん
彼女

 

どのようにしたら、
今まで可処分所得から生活出費を引いてたところを、控除のところへ持っていけるのか?

 

答えは一つ、個人事業主になることです。

 

個人事業主になることで、
本業と副業二つの「収入」そして、副業の方では「事業支出」が出てきますよね

そして、副業の事業収支が赤字の場合に、その赤字の部分を本業の収入でまかなうことができます。

 

例えば、インターネットを使った副業をしたとして、
家賃代・通信費・車代等々の何割かをその副業の必要経費として換算します。
例としてですが、
こういった経費によって副業赤字が100万円出た場合に、
本業の課税所得から、100万円差し引くということです。
課税額が減ることで、差し引かれる税金が減るという形になります。

 

副業での課税所得、本業での課税所得を合算することで、課税額が小さくなります。

 

課税額が小さくなれば、所得税率も小さくなりますし
所得税そして社会保障料も小さくなるという形です。

 

 

・全て自己責任で|「あくまで、今まで自腹で経費を使っていたところを、しっかりと経費申請をするだけ」というスタンス

副業も継続できなければ、そもそも個人事業主として成り立たないので経費申請が降りないですし、活動内容がないとただの脱税になります。
あくまでも、何かしら活動をして今まで可処分所得から出してしまっていた家賃や通信費等々を副業での経費として申請することで、節税できます。

もちろん、生活支出をめいっっぱい事業経費にしたらそれは国税庁に捕まりまし、何もしないのはそれはそれで税の奴隷です。

今回の個人業主となり、経費申請して税金を節約する方法に関しては
こちらの本がおすすめです。
著者の長年の経験とともに、詳しめに書いてあるので興味ある方は是非

 

 

■まとめ

「勉強しましょう、知りましょう、知らないと節約できるものもできません」

 

僕もですが、今回の内容を知ってハッとしました
何度も来たことがあるようなことですが、知らないものは搾取されて知ってるものは黙って得をする。そういう構造になってます。

 

人間も会社も国も、利害関係をもとに動く個なので、
自分に不利益なことをわざわざ教えてくれません。こういった内容は学校では一切習わなかったですよね。。

なので、自分で疑問を持って調べる。いつまでも勉強する。
出ないと、いつまでも搾取され続けます。
一緒に勉強しましょう。

 

税金に関してもまだ、所得控除についてとか深く掘ると節約できるポイントとかがありますので、そちらに関してはまたの機会に記事に書こうと思います。

 

本日はお付き合い頂きありがとうございました。
また会いましょう!

-その他

Copyright© ※※ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.